Home|スキンケア (シワ)


    ■■■ シ ワ ■■■ 

皮膚の成長期は14歳がピークで、それからは皮膚内部では細胞の老化が始まります。
お肌の曲がり角は25歳等と言われていますが、最近では食生活の変化、生活環境からの刺激も加わり、若いからと言って安心していられないのが現実です。

A.小ジワ

目の回り、ほお等、比較的皮膚の薄い部分に出やすくなっています。
スキンタイプとしては、ドライスキンが圧倒的に多く午前中に表われやすく、季節的には、秋~冬にかけて出やすくなります。

(1)小ジワのできる原因
角質の水分不足
皮脂分泌の減少
紫外線による皮膚組織の老化
自然的老化
血液循環不良---自律神経、女性ホルモン不足、消炎性クリーム連用
栄養のアンバランス---タンパク質、ビタミンC・E不足

(2)深いシワのできる原因
自然的老化(コラーゲン、エラスチンの衰え)
表情ジワ
内臓障害
角質脂厚

B.深くきざまれたシワ

シワと関係の深い真皮層の状態




スキンケアポイント
肌を清潔にして睡眠を充分にとりましょう。
入浴マッサージ等によって新陳代謝を高め、皮脂腺の活性化を図りましょう。
角質を一定の厚さに保つように心がけましょう。
脂肪分の多い高カロリー食品を避け、ビタミンA、ビタミンB2等の摂取を心がけましょう。

 ※ワンポイントアドバイス
 たるみは表皮と真皮の境から
表皮と真皮の間は波状になっています。表皮が真皮に突き出た部分を“表情突起”といい、真皮が表皮側に突き出た部分を乳頭と呼んでいます。このように表皮と真皮の間は波形で凸凹になっている為、皮膚には弾力性があり伸び縮みができるのです。皮膚が老化するとこの波形がゆるやかになり、凸凹がなくなり平らな状態になってしまいます。
これがたるみのメカニズムです。

次のページへ 「スキンケア(赤ら顔)」

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo