Home|スキンケア(ニキビと吹出物)


    ■■■ ニキビと吹出物 ■■■ 

 18~20才前後の思春期の方、皮脂分泌過剰のオイリースキンの方、ホルモン分泌がアンバランスな方などに出来るのが、ニキビ、吹出物と呼ばれるコメド、アクネです。

種類
A コメド(白ニキビ)・・・・・・・ 角質が毛孔に入り込んでふさいでしまい、皮脂がスムーズに表面に出ない状態。

B アクネ(炎症性ニキビ)・・ 毛孔の皮脂に化膿菌が付着して炎症をおこし赤みを帯びている状態。

ニキビのメカニズム

コメド (皮脂が毛孔につまってできる)
丘疹 (細菌が繁殖し炎症を起こして赤くなり皮膚が盛り上がっている)
アクネ (赤みが増し痛みが伴う)
瘢痕 (ニキビ跡)

<ニキビの症状別分類>



ニキビができる直接の原因
不衛生・・・・・ 細菌感染によって悪化する。
不摂生・・・・・ 体力低下、過労、便秘等によって皮膚抵抗力が衰える
食事・・・・・・・ 動物性脂肪、刺激物、糖分のとりすぎ
生理・・・・・・・ 生理前後のホルモンのアンバランス

ニキビができる要因
皮脂分泌過剰・・・・・・ 体質的遺伝、性ホルモンのアンバランス、ストレスの蓄積
自律神経失調症
角質脂厚・・・・・・・・・・ 不十分な洗顔、角質異常、代謝機能低下、ビタミンA欠乏
細菌感染・・・・・・・・・・ 毛髪等による雑菌の付着

ニキビの発生機構


 ※スキンケアポイント
肌、手、髪を清潔に保ちましょう。
栄養バランスを考え、動物性脂肪、刺激性食品の過剰摂取に気をつけましょう。
角質が厚くならないようにパックを毎日行いましょう。
(ニキビの出やすい人は部分的にパックを毎日行いましょう)
ニキビ跡を残さないようにきめ細やかなお手入れと同時にビタミンCを適度に取り入れましょう。

 ※ワンポイントアドバイス
 ニキビと男性ホルモン
男性ホルモンは皮脂腺を刺激するだけでなく、角質の増殖も盛んにします。その結果、毛のうに皮脂がつまってニキビの発生となるのです。このように皮脂がつまると肌の表面に存在するアクネ桿菌とよばれる細菌が皮脂成分を分解して遊離脂肪酸に変化します。この遊離脂肪酸が毛のう壁を破壊し皮脂腺の開口部周辺に炎症をおこします。

次のページへ 「スキンケア(シワ)」

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo