Home|肌の相談Q&A


日焼けの後がまだらにシミになってしまいました


ほてりやヒリつきがおさまり、肌がおち着いてきたら、リニュアルパックでお手入れを始めてください。日焼けは早目に適切なお手入れをすれば、シミとなって残ることはあまりありません。
しかし、少しお手入れが遅れたからといって決してあきらめず、パックを続けてください。体の場合も同じです。

日焼けによるシミは、比較的早く薄くなりやすいものです。


老人性の色素沈着はパックで良くなるでしょうか?


高年齢の方のシミは、自然老化による老人性肝斑と呼ばれるものです。
これは、皮フの真皮層の奥深くに沈着している場合が多いので、解消しにくいものがほとんどです。
食品などで、酸化した油を使うことは避けましょう。予防にビタミンE。


飲酒・喫煙は肌に影響しますか?


アルコールは適度であれば、かえって健康の為に効果的に作用することがあります。
喫煙は害ばかりで益は全くありません。又飲み過ぎ、吸い過ぎは、まず健康に影響しはじめ、それが肌に現れてきます。


シミが気になりますが、とても皮フが薄く、こするとすぐ赤くなります。


ベルツのパックは、老化角質をおだやかにはがしてシミの細胞もいっしょに取り除いてくれます。


赤ら顔は治るでしょうか?


寒い所から暖かい部屋に入った時など、顔がほてる時があります。急に血行がよくなり、毛細血管が拡がって赤く見えるものです
この毛細血管が収縮せずに拡がったままになった状態が赤ら顔と呼ばれるもので、マッサージ・スキンローションのパッティングなどにより、血液循環を良くしてあげることが一番のお手入れとなります。


敏感肌とアレルギー症の肌は別の肌質なのでしょうか?


敏感肌とは、後天的な要素で肌が刺激に反応しやすくなった肌質です。
アレルギーとは、遺伝的な要素で特別な物質に対して反応を示す肌質です。


過去に化粧品でカブレたことがあります


何にカブレたのかを確かめてください。健康状態など、生活環境はどうでしたか?
ビューティカルテにて、詳しくカウンセリングを受けることをお勧めします。
使用開始にあたっては、まずソープとスキンローションのお手入れから始めましょう。
ベルツの化粧品がお肌になじむことが第一歩のスタートです。そして、肌の持つ抵抗力をつけていくことが大切です。食事がそのキーポイントとなりますので、充分にバランスを考え、気を使ってください。


アトピー性皮フ炎で悩んでいます


アトピーとは、アレルギー性疾患にかかりやすい遺伝的体質のことです。
現在肌に炎症・疾疹のある場合は、化粧品によるお手入れはストップしてください。又、専門医の指示に従うことをお勧めします。
日常の注意としては、刺激物やあくの強い物はなるべく避けてください。
肌は常に清潔にしてください。
薬用石けんは使用しないでください。
肌に刺激となる衣類は、直接肌に触れないようにしてください。かゆみはがまんして、かかないようにしてください。
ストレスなど、心の健康にも気を配りましょう。


レモン・ヘチマ水で化粧水を造っています。大丈夫でしょうか?


最近は植物エキスが肌に効果的だと言われ、自分で化粧水を造られる方がいらっしゃいますが、これはとても危険なことです。
たとえば、レモンは過敏な肌質の方にはアレルギー反応を起こす可能性が強く、シミの原因にもなりかねません。


肌質は遺伝するのでしょうか?


体質・髪質・肌質等は、遺伝的要素が認められています。
しかし、生活環境の違いや、お手入れ・精神的作用によって変化してゆきます。


肌の色を白くすることはできるのでしょうか?又、くすみはとれるのでしょうか?


残念ながら生まれつきの肌の色は変えられません。しかし、肌の表面が酸化されたり、角質が肥厚していたり、毛孔に汚れが付着している時などは、肌にくすみが生じて、色が黒く見える時があります。
そのような時は、正しいお手入れを行い本来の肌色に戻すことはできます。


目の下のクマがとても気になるのですが?


疲れている時、又寝不足の時等に特に気になる症状です。
目の下の皮フは、非常に薄く毛細血管の循環が悪い為、うっ血しクマとなって現れます。
目の回りを軽くマッサージし、スキンローションを浸したコットンで5分間程アイマスクをすると、比較的目立たなくなります。


肌のお手入れを正しく行なっているのに、良くなる前に一時的に悪化することがあるのでしょうか?


時にはそういう状態になる場合もあります。それは新陳代謝が高まると、毛孔の老廃物が表面に出やすくなります。
又、潜在していたニキビが表面に現れたり、角片が一時的に荒れて表面がザラついたりすることがあります。
でも、約2週間位でこれら一時的な反動はおさまります。


化粧品以外でアレルギーを誘発させる物にはどのようなものがありますか?


薬品である抗生物質・ホルマリン・家庭で使用する洗剤・染料・香水・接着剤・アクセサリーなどのメッキに使用されている物質、植物では、うるし・いちぢく、又紫外線等、あらゆるものにその可能性はあります。


肌の最大の敵はなんでしょう?


紫外線に長時間当たることです。
又肌に余分なものを付け過ぎる事も良くありません。


目の回りなどの、白いニキビのような湿疹はどうしてできるのでしょうか?


通常のニキビ、吹出物とは違い稗粒腫と呼ばれるもので、目の周りなどデリケートな皮フにできるものです。
これは目に見えない小さな切り傷やすり傷等が原因ではないかと考えられています。自分でつぶしたりせずに、皮フ科に御相談ください。


脂性肌で、全体に毛穴が目立ちます。毛穴は小さくなるのでしょうか?


脂性肌の方は、皮脂分泌が過剰で角質も肥厚しやすい為、毛穴が目立ってきます。
毛穴の大きさを小さくすることはむずかしいのですが、厚くなった角質をパックによって取り除き、皮脂の分泌をスムーズにすることによって毛穴は目立たなくなってきます。


30代後半ですが、まだニキビがあります。治るでしょうか?


ニキビの原因は様々です。年齢にかかわらず、出来やすい状態にあればニキビは発生します。
例えば、皮脂の過剰分泌と角質の肥厚により起こるニキビは、角質を取り除く為にパックを行い、水分コントロールを行うスキンローションによって解消できます。
その他、ストレス・ホルモンなどの影響を大きく受けますので、生活と健康には気を使いましょう。


目の回り、口の回りがひどくかさついています


Q)の回り、口の回りがひどくかさついています。化粧水だけで大丈夫でしょうか?

A)目の回りなどは皮脂線が少なく、皮脂膜も不安定です。自分の脂分で補うことが理想ですが、冬場・乾燥のきつい時などは、応急的にモイストコンセントレートをお使いください。
ある程度、カサつきがおさまりましたら化粧水だけに、又切り換えましょう。肌本来の機能を活性化させることが大切です。


冷房、暖房など、空気の乾燥したところに居る場合 最適な化粧水は?


Q)夏は冷房、冬は暖房と空気の乾燥したところに一年中居ります。化粧水はどのタイプがよいのでしょうか?

A)肌のおかれている環境に合わせてください。夏でも肌が乾燥する場合は、保湿効果の高いローションをお勧めします。 例:ベルツ(スキンローションRG・モイストコンセントレート)


白く粉をふいたように肌がとてもカサつきます。どうすれば良いのでしょうか


秋~冬にかけて、とても空気が乾燥します。それと同様に、肌(角質)の水分も足りなくなる為、角質がめくれてきます。
その角質に水分がほとんどなくなると白く粉をふいたように見えます。
このような時は、まず、角質に水分をたっぷりと与えてください。
ローションをコットンに含ませ、ローションパックをすると、カサつきや粉の状態はおさまります。肌がおち着いてから、古い角片を取り除く為にやさしくパックをしてください。
肌表面のザラつきは、水分をたっぷりと補給し、古い角質を取り除けば解消できます。又、マッサージにより肌の内部からの水分・油分の分泌を活発にすることも大切です。


洗顔するだけなのに、とても肌のきれいな人がいます。なぜでしょうか?


その方はとても恵まれた方です。何故なら遺伝的に、とても健康な肌質をもっていらっしゃるからです。
又新陳代謝も良く、肌の持つ自然の治癒力も充分にありますから、スキントラブルが起こらないものと思われます。

肌本来の機能が活性化していれば、洗顔だけでも充分対応できる場合があります。
しかし、このようなケースはまれだと考えてください。


鼻の部分の毛穴が黒くなってきました。どうすればきれいになりますか?


これは、毛穴につまった皮脂が酸化して黒くなった「ブラックへット」と呼ばれるものです。つまった皮脂を散り除く為にパックを行い、分泌をスムーズにさせてあげれば解消されます。
無理にツメで押し出したりせずに、毎日マメにお手入れしてあげてください。他の部分の肌がとてもうすい場合は、部分パック(鼻だけなど)をお勧めします。


30代後半ですがかなり脂性肌です。どのタイプのスキンローションを使えばよいですか?


肌年齢は、実際の年齢と異なることがあります。30代後半でも、肌の生理機能が活発な場合は、スキンローションもあまり保湿の高いものより、Nタイプの普通肌用スキンローションで充分です。
肌の状態に合わせ、肌を過保護にしないお手入れを心がけてください。
又、皮脂の分泌は胃腸・ホルモンバランス・ストレスに関係します。規則正しい生活を行ってください。


鼻の回りはとても脂っぽく、頬はとてもカサつきます


Q)コンビネーションスキンです。鼻の回りはとても脂っぽく、頬はとてもカサつきます。スキンローションはどのタイプを使えば良いのでしょうか?


A)一般的にTゾーン(額・鼻)は脂っぽいものです。全体に普通肌タイプのNを使用し、カサつきの気になる部分には、モイストコンセントレート(保湿効果の高いもの)をお使いください。


アゴに吹出物が出やすいのですがどうすれば良いのでしょうか?


アゴに吹出物が出るのは、胃腸障害の場合が多いようです。
体の健康は、イコール肌の健康です。体調には充分気をつけてください。
吹出物は、清潔にすることが第一です。布団カバーなど、毎日肌に当たるものはマメに取り換えましょう。

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo