Home|トピックス


お肌のジョギング マッサージ


しい素肌は張りがあり弾力のよいことが条件です。これは、皮膚の真皮層の膠原線維・弾力線維に大きく関係していきます。肌に適度な刺激を与えることによって、血液循環を促進させ皮膚細胞を活性化することがマッサージの目的です。

マッサージオイルとマッサージの適度な刺激により、次のような効果が得られます。
* 肌の新陳代謝を活発にします。
* 適度な刺激を与えて張りのある肌をつくります。
* 毛孔の老廃物を取り除きます。
* 皮脂腺を活性化させ小ジワ等を予防します。
* 肌の表面を柔軟に保ちます。

理想的なマッサージの回数は、お肌の状態から判断して週1回~2回の割合が適当です。


冬の肌 スキンケアポイント


季節の変わり目は肌も敏感になっています。シーズン毎に肌はどのように変化するかを理解しながら、肌のシーズンケアを行いましょう。

●冬の肌

・ 一年のうちで新陳代謝が最も低下する時です。
・ 温度、湿度共に低く、肌の張りが失われがちです。
・ 血管が収縮し皮膚細胞に栄養がゆきわたらない状態を招きます。
・ 寒さで毛孔が収縮し皮脂分泌が減少するため表面が乾燥します。

<スキンケアポイント>
・ マッサージを週1~2回は必ず行い、血液の循環をよくしましょう。
・ パックのあとのスキンローションはたっぷり使い、水分を十分に与えてあげましょう。
・ 部分的な乾燥や肌荒れのひどい時はスペシャルケアのモイストコンセントレートGを効果的に使いましょう。
・ バスタイムを有効に使ったり適度な運動によって内部からのリフレッシュをはかりましょう。


お肌の手入れ 基本講座


お肌の手入れ順序

1 : クレンジングローションで、ポイントメイクを落とします。
2 : クレンジングローションで、お顔全体のメイクを落とします。
3 : スポンジで、拭きとります。
4 : クレンジングローションで、お顔全体のマッサージをします。
5 : スポンジで、拭きとります。
6 : スキンローションをつけます。
7 : リニュウアルパックで、ヒーリングをします。
8 : スポンジで、拭きとります。
9 : ホットタオルで、拭きとります。
10 : スキンローションをつけます。

肌の構成と肌の手入れ、肌荒れlabo